ブログトップ

真珠の首飾り

abemm.exblog.jp

百夜一夜物語    

百夜一夜物語 6の巻

松永 安左ヱ門翁  続編

私があれこれ言うよりも・・壱岐にある記念館の年譜をそのまんま写し連ねる事にする。

明治 8年  12月1日   長崎県壱岐郡石田村印通寺に生まれる。 幼名 亀之助

明治22年  14歳      慶応義塾に入学

明治26年  18歳     父の死により慶応を退学、家業を継ぎ三代目安左ヱ門を襲名

明治28年  20歳     家業を弟・英太郎にゆだね上京、慶応義塾に復学する・

明治31年  23歳     慶応をあと1年で退学、福沢諭吉の記念帳に「わが人生は闘争なり」と」書く

明治32年  24歳     日本銀行に就職する。

明治33年  25歳     日銀を退社。福沢桃介の丸三商店神戸支店長となる。

明治34年  26歳     神戸で福松商会を創設する。

明治37年  29歳     竹岡カズ(大分県中津市)と結婚、石炭販売で活躍

明治42年  34歳     福博電気軌道株式会社を設立する。

明治43年  35歳     九州電力株式会社設立発起人総代として広滝水力電気と
                 合併、九州電気の取締役となる。
                 福岡に電車を走らせる。

明治45年  37歳     博多電灯(福博電軌と合併)は九州電気を合併、
               

大正元年           九州電灯鉄道常務取締役となる。
      
大正 2年  38歳     九州地方のガス会社10社を合同させて西部合同ガスを創立

大正 4年  40歳     九州電気協会設立、会長となる。 
 
大正 5年  41歳     九州耐火煉瓦創立。
    
大正 6年  42歳     博多商工会議所会頭に推される。
                 福岡県選出代議士に当選。

大正 9年  45歳     雑誌の読者投票で日本三大美男に選ばれる。    

大正11年  47歳     九州電灯鉄道と関西電機と合併し東邦電力を設立する。

大正13年  49歳     (社)日本電気協会会長に選任される。

昭和 7年  57歳     翁の支配資本は14億円に及び名実ともに日本の「電力王」と呼ばれるようにな                  る。

昭和 9年  59歳     耳庵と号し茶道に親しむ。

昭和14年  64歳     電力国家管理に大反対するも国家総動員法による「電力国家管理」となり
                 日本発送電会社が設立した。

昭和15年  65歳     大政翼賛会総裁や大蔵大臣などに推されるが公職を一切断る。

昭和16年  66歳     大東亜戦争に入る。柳ヶ瀬山荘に閑居する。

昭和24年  74歳     電気事業再編成審議会会長に選ばれる。

昭和25年  75歳     公益事業委員長代理に就任。
                 国家管理によって失敗した日本電気事業の実権を握る。

昭和26年  76歳     電力事業再編成(民営化)を強行し「電気の鬼」を称される。 

昭和28年  78歳     電力中央研究所理事長就任。

昭和30年  80歳     石油時代到来、原子力は20年先と予言する。

昭和31年  81歳     産業計画会議を作り次々に提案勧告をだす。

昭和39年  89歳     勲一等瑞宝章を贈られる。

昭和43年  93歳     慶応義塾創立100年記念式典にて「名誉博士号」を受ける。

昭和46年  96歳     6月16日死去

以上   後は皆様がこの翁に関心を持っていただけるか、楽しみにしている。


あぁーーやっとできたー。本日閉店。


   
[PR]
by abemm | 2009-06-01 23:31