ブログトップ

真珠の首飾り

abemm.exblog.jp

百夜一夜物語    

真珠の首飾り 11の巻

 「うに」のお話

 あれは・・5月上旬だったと思う。壱岐に住む従兄とtelで話していたら、今、うにが売れなくて
漁師がこまちょるとよね。どうか、ならんかねー。・・と。
それって、一体どういう事?部類のうに好きの私には信じられない事だったー。だって、だいたいがうにの
漁獲高も減少しているのに、あんな美味しいうには手に入らない、と言うのであれば、話はわかるのだがー。
結局は若い人たちが、高い・うにを食べる習慣がない・この不況の煽りを受けた・・等の理由があるらしい。
でーー。うん、方法はあるよー。って返事をしたのはいいが、一向に、その漁師さんとやらが、連絡してこないではないか?「売る気あるの?」となんどか、従兄とやりとりし、やっと、連絡がつき、とりあえず・漁師さん一家手作りの、薄塩タイプの塩うにを、知りあいに買って頂く事となった。評判はもちろん、♪すご~~く・おいしい♪
 1本70gいり(小瓶)消費税こみで2100円そりゃー、贅沢品です。
しかしながら、こんな食文化は、島国日本ならでは、しかも壱岐のうには、日本一といわれているのよん。
今もかもしれないが、下関ブランドになっていたそうだ。壱岐の特産物は牛は、松坂牛となるしーー。
胸張って、もう少し、広報したらいいのではないかと思う。壱岐に住んでる方々は本当に身体にいいもの
特にお米もだけれど、食べているのです。実際、友人が言う事には、それを壱岐の人たちがよく解ってないんだーー。と。そう思うます。いまさらながら、言わせて頂くが、お天道様やら清い水やら潮風・空気・土・・・・今年しか、食べれん・・・(人間にも旬があるように・・・)うにだってあるはずだーー。
そして、私は、あの漁師にはっぱをかけた・・だって
次のうに漁はできんかもしれない、どこの加工業社もかってくれないらしいからと
「いいけん、獲らんね!かーーつ!!とらないけん!!」
それから、連絡は来ない。

ピンポーー~ン  着た着た  壱岐からの宅急便

             「  メロン  」

この時期必ず送ってくるのよー。
高いから、いらないと言っておいたのに・・・やはり・親心  
リーンリーン

    母から
  「今たべたら、丁度熟れておいしかった・・あーたも はよおたべー」

さっそく、たぶることにしよう。

涎たらしてるの  だ~れ~?   
[PR]
by abemm | 2009-06-13 11:57