ブログトップ

真珠の首飾り

abemm.exblog.jp

百夜一夜物語    

真珠の首飾り135夜

「新」

 不思議な事に田舎に帰ると・・・

 新しい発見ばかり

 ぜーーんぶ

 紹介したいが

 記憶力といふものに限度があるので

 誠に残念ながらほんの一部しかお伝えできないし・・

 時間の制約もあり、

 この拙い・・打ち込み作業にはほとほと・・・・・・・・・・

 苦行だ。

 で 本題

 「猫」

 凄まじいかな

 うちは  精米所であるがゆえに・・ねずみ 多発

 で スコッチウィスキーの門番みたいな賢い「猫」が必要なのだが

 どうも、居つかない。たぶんオスが入り込んでは何時の間にやらいなくなる。


 6月くらいから 1匹の「猫」が出入りするようになり

 母はうちの猫じゃないといいつつ


 今回帰省すると
 
 うちの「猫」になっていた。


 半年ほど前から お目見えしたペルシャまがいの青い目の「猫」

 ちろ と呼び  今回の猫も

 ちろ と呼ぶ

 変なんだけど  どうでもいいらしい

 青い目の ちろ は とにかく「さしみ」をねだる。

 あららーーあじ焼いたの私にじゃなくて  ちろ?

 あっらー・・「さしみ やらんと 鳴きよろうが・・・」母が。。。

 という訳で  私は残りをいただく事になる。

 が  このちろ 良く観察すると、餌を取りに来るときは

 かなり警戒する。

 もちろん、猫ぱんち、威嚇の「がーー」と

 牙もむきだす。 もちろん、母にはそんな素振なし。

 私も「がはーー」と威嚇すると


 暫くさしみを眺めている物の

 「武士は食わねど、高楊枝」 ご立派な態度 知らん振りして どこかに消える。

 第2のちろは

 どこかの飼い猫が迷い込んだらしく


 オスにしては、いつも頭をこすり付けてきては甘える。

 堂々と、家の中にも入り込むのだが・・・

 認知の父が飛び起き  追っかけられる。

 ありがたい猫 寝てばかりの父  ;猫に運動させていただく。

 と・・

 第一のちろは 私の友達

 第二のちろは 父の理学療法士

 ちろたちのおかあさんは うちの母

 うまく出来ているな世の中は:::

 風呂に関して

 散歩しておったら 発見!!

 近所 の3軒の内 2軒が まだ 炊きもんで風呂わかしっとたーー。

 やっぱ田舎はエコの言葉はにあわないのだ。

 仕事のない 屈強な若者にはとにかく お勧めの 私の田舎です。

 空き家近所に5~6件ありますよ。

 車で10分で温泉はあるし、魚は釣りに行けばよく、鶏は飼えばよく、野菜や米は

 作ればヨシ。

 壱岐牛は  買わんといかんね。

 そうそう・・父は狩猟もしていたから・・・かも・野鳩・コジュケイなんて食べ放題だったんだな。
  
 「新」

 新しい発見しましょうね。 近場で   


          ああーー時間浪費したーー。

           「新」
[PR]
by abemm | 2010-08-23 09:34