ブログトップ

真珠の首飾り

abemm.exblog.jp

百夜一夜物語    

カテゴリ:未分類( 173 )

これ!

壱岐の方なら・・・・・・・
 
納得の映像ですよね。

音楽も・・・・・合わない様で・・・・

        胸騒ぎがするよ。
[PR]
by abemm | 2010-07-10 22:14
「奥」


 ともかく、おいしそうな食材を目にすると、押さえきれずに買ってしまう。

先日もなななんと・・・・・・

言えない。

魚・干物・うに・・・・野菜   壱岐にて・・・買ってしまう。

どうしたかと言えば、知人に送った。

とある方は、あまりに多いので、東京の知り合いに調理して送ったとの事。

シメシメ

私の狙いは・・・・壱岐の産物の宣伝も兼ねている。

どうしてこうなったかは、かなり産物はあるのに、この自由な流通市場がどうもそうではないらしいし、

生産者も作った産物には自信はあるものの、市場の開拓ができないらしい。

つくづく思ってはいたが、都会の方はろくな物を食べてない。

これは、どうにかすれば、田舎の方と同じく・等しく美味しい物をたべれる、食べる事ができる。

今、テストケース

もちろん、送る相手はゲルマン・グルウーマンを選んだつもりだ。

そうそう・・・今作っているカレーは一ヶ月種を切らさず・・・・・

熟成

料理も・素材も「奥」が深い

なにもかにも奥が深いので、優先順位をみきわめなければ

なのに・・・・

昨日から「茶道」再会  22年ぶり

これも、「奥伝」があるしーーー

したい事だらけ・・・・

これでは「奥」は窮められないだろう。

             「奥」
[PR]
by abemm | 2010-07-09 06:48
「男」

 カスバの男  大竹 伸朗氏の 本

もちろん、シリーズの絵画がある。

もう2ヶ月のなるだろう  思い切って求めた。

こんな素敵な絵画を私が所持して良いものか・・・・・

しかしながら、加山 又造氏のフレームと重なり合うようにして、無造作に床に置かれている。

で・・・

中村 哲氏の名言どうり 「女が男の尻を引っぱたけ!」とは


そんな鐘を打てば響くような「男」は残念ながら、皆目検討がつかない

時間の無駄といふものだ。

言い切ってしまっては元も子もないので

鞭打ちの刑に遭いたい「男」


        募集中・・・・誰も手を挙げないのは承知している。

               「男」

               「日本男児」とは


  一体どんな男?

  当節持て囃されている「坂本 竜馬」殿は しかり・・・

  戦国の信長殿・維新の・・・・戦火の長崎・永井博士様・・・・

  あんな気概のある「男」現代にもいるいる

  身近に居たなら・・・・

  近寄れないので・・・・・またもや・・・想像にとどめる事にしよう。

             「男」
[PR]
by abemm | 2010-07-04 12:04
 「起」

 最近起業している独身の女性達とツルンデイル。

つるむつもりはなかったのだが、なんせプー太郎の生活も板に対居てきたようで・・

それには反するが、身も立てないとこのままでは、世間体が保てないし、周りの雑音がうるさくてしょうがない。

このまま、はっきりとした、仕事をしない!が理想だと思えるようになってきたが、そういうわけにはいかない

 正直言えば「沽券にかかわる」


 彼女達はとにかく  いきいきしている。自分のするべきことにまっしぐら。

余計なものはすでにかなぐり捨ててきたようで、

今、何が大事なのか、この時間をどのように過ごすのか・・・

 名言「やり直しの効かない片道切符の人生」

   「あべちゃん・・・・・したい事・しようよ」


 が 口癖だ・・・他にも「「お陰・お陰で・・・」  「恐れ入ります」
 
  「頭を垂れて」


 なんせ  数年前から流行の  「・・・・力」


 「女の底力」


   「起」


   おきてしまいそうです。


   「起」でした。
[PR]
by abemm | 2010-07-01 08:01
「白」

 この季節は「白い花」が美しい

自然の法則とでも言うのか

うっとおしい梅雨ともなれば  良き香りのする白い百合・ニントウなどのつる草も美しき香りを

そよ風が何処からともなく運んでくる。


  うっとおしい世の中も少しは見習いたいですね。♪

       「白」

 がよく しっくりする 季節です。

精々喜びます。私

       「白」でした。
[PR]
by abemm | 2010-06-29 14:18
 拳


私は

    「拳」を


  またもや振りかざす、



  怒りがこみ上げて   どうにもこうにもなななぬ


 この拳を振りかざそうぞ」!!

 この拳は吾にしか  振りかざせぬぞ


 さぁ


       「拳」を


 さぁ  




      「拳」を


  この手のひらに  


  これは 代弁  そう  


 虐げられた    あんたに


                   「拳」
[PR]
by abemm | 2010-06-29 01:11
 「若」

 ここのとこ、巷で言われている「イケメン」達に囲まれている。
昨日は3名
一昨日も3名
一昨昨日は・・・・も・・・・3名  オーストラリア人(日系ハーフ)とAnAパイロット バーテンダー

一昨日が フフフ・・・・・

歌舞伎の老舗 中村七之助ばり  「女形田 七之助」宇部在住エンジニア
 
 幼く見える其れが嫌で、顎に髭蓄えた  「ジゴロ 髭山」天神の雑貨やで働くぺえぺえらしい


 名づけ親はもちろん「私」

 2人とも白魚のような手

 比べてはいけないが・・・・・   実に羨ましい   暗がりのろうそくの灯火の所為か?

 昨日は「イケメン」とは言わないのかもしれないが・・・

 一昨日よりも  私の中の 「イケメン」達かな

 実に自然体で田舎田舎した職人達だった。

 特に寡黙な26歳の土いじりは・・・・・

 作品集をみせて頂いたが・・・・・・・・むむむ・・・・

 創造してる。

 あまり凝ってもいけない・・・あまりにも土臭くなってもいけない

 等と

 木工のじゅんくんは 嬉野のお茶農家の次男坊   茶摘の頃になると手伝いに帰るとか


 その頃の嬉野はあたり一面お茶の香りが漂うらしい  想像以上の光景が脳裏に


 その地域は「金松」と言う。 たぶん、良質の「松」が沢山あったのではないだろうか?

 宮崎生まれのかつきも木工

 こちらも愚直だ

 といふわけで

 あんたなにしてるの?

 と


 また、誰かさんに言われそうだが・・・・・・・・・・・楽しい事してる私って お徳

 若者達に囲まれると誰でもそうだと思うが  何だかウキウキしてくる。

 素直に  そうそう  といえるのは何故なのだろうか?

 やっぱ  「若い」ってすばらしい

 「若」でした







 
[PR]
by abemm | 2010-06-28 00:24
つかれたーー。
ねましゅー・

だけど・・サッカーきになるしーーーー。

自然に寝ます。
[PR]
by abemm | 2010-06-25 01:27
「珠」


 一番今欲しいものを一昨日手に入れた。

それはもちろん、私にとって高価だ。

それよりも、何よりも、

これで、自分の 「カラー」「色」「姿」

が鮮明になってきた。

だから、私はやっと悩みの渦から開放され

 新たな一歩を踏み出せたような気がしている。

これは、もはや、錯覚ではない。

現実を踏み出した。

        「珠」

 に

託して・・・・・・・・・・・・・・・

        「珠」を

今日も「珠」を秘かに身に着けて・・・・

爽やかに過ごそう。

              「珠」
[PR]
by abemm | 2010-06-24 07:41
「続」

 27年間の写真の記録

 私の所属するペシャワール会の歩み

 福岡のアクロスで本日から開催

 言いだしっぺは・・・・まぁーー暑いぐるしい若者達

 完璧・入念に準備


 昨夜もたぶん徹夜したのではないだろうか?

 ちょっぴり・・・・私も何だか朝から目頭があつくなっている・・・

 初夏だ

 「続いてきたからね」

なんだか  ほっと   したり

 なんだか   まだまだ  これからが。。。

 真の意味での平和への階段を登り続ける

  「一歩」の「日」

  6月22日朝

  「続」

  投げよう!!!

  こんな華奢な  そんな華奢な 心と身体で


  「続」
[PR]
by abemm | 2010-06-22 07:24