ブログトップ

真珠の首飾り

abemm.exblog.jp

百夜一夜物語    

<   2009年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧





           「ちえちゃんへ」


  ちえちゃん、佐賀に帰ったんだってね。

  ちえちゃん、皆心配しているよ。

  ちえちゃん、でも、皆、声かけられないで居るよ。

  ちえちゃん、学生時代、ちえちゃんが机に向かってる姿

          皆、言ってるよ。

  ちえちゃんだけが、べんきょうしていったって。

  ちえちゃん、

  ちえちゃん、苦労してきた分、実をつけようよ。

  ちえちゃん、待ってるよ。

  ちえちゃんを苦しめたいろんな事

  ちえちゃんを救ってくれたいろんな事も、同じくらい

  ちえちゃん・・・・・沢山あるから

  ちえちゃん、待ってるよ。

  ちえちゃんが、また、机に向かう姿も何もかも・・・・。

  ちえちゃん、私、もうすぐ元気なちえちゃんに逢える様な

  気がする。  
  
[PR]
by abemm | 2009-10-16 09:21




                     「詞」


    朝っぱらから^^@こんな選曲したらーーー

   おもーーくなったー。がーー

   「心がきれいだー」

   「姿もうつくしい」



                   どうぞー

 
[PR]
by abemm | 2009-10-16 07:41



                       「戦」


    時の人「オバマ」大統領が核軍縮を世界に問うている。

  プラハでの演説が始まりとも言えよう。

  その時私は・・・・いつものように「どうして?」

  と
 
  憎憎しく思えた。

  いくら、長崎・広島がこれだけ言って来たのに

  世界は見向きもしなかったではないか!

  アメリカ大統領の発言ならば拍手喝采なのか!

  しかも あの うつくしいパキスタンスワット渓谷に「戦」がもたれされ、

  Dr中村のランドクルザーに揺られ中村一家とつかの間の1泊旅行に出かけたのは

  22年前

  ジャポニカ米に似ているからと買出しも兼ねていた。

  初めてだったー。

  美しい村であった。川幅も広く、松がぐんぐんと伸びていて・・・

  ああー松の実はこれだと解る位の松ぼっくりを拾い、種をむしりとった。

  そして、ホテルで作ってもらったサンドウイッチを皆で楽しく食した。

  あにうつくしい山々・田園風景が・・・・・人々が



                 実に「ニウゥース」



                     は

                 残酷だ。

  そう・・・・私がかつて居た場所や知っている場所が

  やたら報道される・・・・・・

  観たくない。

  p-ちゅんはp-ちゃんらしく

  体は酷使していないが、その代わりなのか?

  頭がぐるぐる・

  どうも身体を動かしてない割には

  今まで使っていなかった頭がいやがおうなしに・・・働かされている と いう感じなのである。


  ブドウ糖の消費が(脳みそに供給されている。くたびれた脳にはそれなりの給油が必要らしい)・・・・・
  
  消費が予想以上なので、いまだに太ることが出来ない。

      で、、、昨日から獲得した技術

      お披露目します。    ウフフ  うまく1回でできるかしらん・・・・・


                   
[PR]
by abemm | 2009-10-15 10:12

[PR]
by abemm | 2009-10-14 20:52






    拝啓   宮沢賢治様


    拝啓   寺山修二様


    拝啓   五木寛之様



     賢治様へ


     雨にも負けず・・・・・・っておっしゃいますが・・・


     負けたらいかんのですか?

     ずぶ濡れになってみたら、とっても気持ちよかったですよ。


     みそ・しょうゆは好きです


     でも、腹一杯食べたら・・・・・・・・


     すぐねむれたですよー。


     賢治様辛かったでしょね。


     新米できたから   8部目でも良いですから・・・・食べてほしいなーぁ



     修二様



     書をもって街に出かけてもいいですよね。


     ・・・なんかはとっくの昔に捨てちゃいましたから・・・・


     諭吉さんなんか連れて・・・・古民家なんかで、バッハ聴いて・・・・・・


     コーヒーすすって・・・・・・・・


     若い頃の諭吉さんと語り合っったって良いですよね。



     寛之さんへ



     雨の日には、新品のハイヒールなんか持ってないいんだから・・・履けないんですよ。



     あめの日には、大抵


     晴れの日に・・・・・しまったーー

     だから、洗濯物干すんですよ。


     親鸞さんにはちゃんとご挨拶はしておりますから・・・・・


     下駄履いて・・・・・・お寺にでもいきますよ。


     今度は 裏方です。


     皿荒いくらい (おっとー割ったら大変ね)・・・お茶を出すくらいなら・・・・・



             次回は

   松本清張様に     「ノモンハン」についてお聞きしたいものです。


   司馬遼太郎様     「ノモンハン」はあなたでしたかね。失礼致しましたーー。



        3男に心より            「拝啓」



     
[PR]
by abemm | 2009-10-14 11:40





                      「屍」



   これまで   ゆう  200~300人を観送ってきた。

                     「屍」


   身をこなしてしてきた。


   確かにしてきた。


   しかし


  わたしの魂に反する  看取りばかりであった。



   苦悩してきた。


   今も


   苦悩している。


   あの方はあんな死に方望みはしてない



   そんな気持ちで


   観なければならなかった。


   今、その事柄に   苦悩し続けている。


   「大丈夫私が助けますから・・・・だいじょうぶですよ」


   と


   言った筈なのに



   私は何の力もなく


   タダタダ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  あの身寄りのない紳士を救えなかった。


  今 号泣なしでは・・・・・・

  語れない事を背負っていて


  それは  もちろん  私の看取りが成熟してしていない事だけではなく


  この社会の根源を惑わせる事柄のせいでもある。


  私は訴えたい


  どうして、完全$看護などと誰が云い出したのか?
 
   どうして基準看護などと言い張ったのか?



  どうして医療従事者に父や母を任せっぱなしにしたのか


  家族が観て当たり前の社会をどうして放棄したのか?



                  「屍」



   いつかは


   あんたも


                 誰にも看取られずに





                 「屍」



                 になる。






                                        by  そこらへんの看護婦

  
[PR]
by abemm | 2009-10-14 01:53




                        「食」


  皆さんも


  ラマダンしてみると良いかも知れない

  
  古の頃は


  ご飯を食べる為には


  火をおこすことからはじめなければならなっかた。


  おいしいご飯にありつけるには


  少なくとも、2時間はかかったはず


  家族協力してもだ。


  だから、


  せっかくせしめた・食材を捨てるような事はなかった筈。


  「よーく考えよう」


  何かのCMにあるが・・


  だから、もちろん 自分自身にかたりかけているのではあるが、


  「よーく考えよう」


  何もかも  「貴重」


  大事にしなければ。


  食に関しては


  生に等しく


  関心事です。

                          「食」



   人間にとって欠かす事のできない「食」



                     あなた


  今日、何食べますか?


                          「食」


                          で舌
[PR]
by abemm | 2009-10-13 10:20



                      「牛」


    昨日  またもや・・・掃除 そっちのけ

  いったん 家を飛び出したら・・何処へ行くやら  本人が解っていない

  博多・界隈は選択肢が多く・・・・魅了される。

  特に 食材にうるさい「私」は・・・

  ご他聞に漏れず、デパ地下だーーすき!

    ( 宝石・服飾にはほとんど興味はない。)

  大丸は、全国いまいもん市8階特設会場

  2回目だー。


  前回  さぬきうどん購入


  今回  神戸のカレー5個    1900円(本当は2045円だったーーが


                      売り手が計算間違えてーー「いいです」これでとーー。

  現金198円しか財布にない。

  もちろん「カード」払い


  なんか・・・・お金ありませんのよ


  と

  正直話すと・・・・・・同情されほとんどの方がまけるか・おまけ付けてくれる・


  これってーー!  日本人のいいとこかな・・・


  若者に  「あなたを信用します」とまで言われ


  600円のチケット買えなかったのにー携帯のとらっぷくださいましたー。


                       で

                      「牛」

  九州大学院農学部がエルガーラでアンケート調査していた。

 ムムム  「あの・憧れの九州大学」だー・・・・・・・・・クルセーダーズの歌詞に ちゃああんと  書いてあるで よ


    大分で畜産している。

 おっとと

 私、俄然と  壱岐牛  が  うまい   と  


   書いてしまったーー

  これは全く そのとうりなのだから・・・・・・・


  書いていいのだけれど・・・・・・・・・・・・・・・


   自画自賛はちょっぴり・・・・・と  気が引けそうな感じですね。

   地産地消の昨今


   私は心がけています・


   ただただ・・・・・・それだけの事なのです。


                      「うっしっしーー」

  また、壱岐に帰ったら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


                     「うっしっしー」


                     になります。



                       「牛」

                       で舌。   

  
[PR]
by abemm | 2009-10-13 09:50
   




                   「文」


    10月は「神無月」    「文月」は7月だったね。

 気候も心地よくなり・・・・・・

 心も  ゆったりと・・・・している。

 
 そんな時・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ふと、思い出す人が居る。

 出来れば両親に「文」送りたいが・・・

 何故か・・・・躊躇してしまう。

 今、部屋の整理整頓をしているが


  どうも進まず・・・・



  取り組むたびに「散乱」の結果となる。



  何故か


  忘れかけていた・・


  写真や便り等があらわれるから・・・・・・・


  魂が・・・・片付けよりも・・・・・・・・・・・・・・そちらに向かってしまう。  魂なしになる。


  写真は・・・・・うれしい時しか撮っていないし、撮ってもらっているので・・・・・・



  実に 「うつくしいー」← ←←   ↑   無論容姿ではない

  
  「文」


  は


  もちろん、昨日は「姉」よりの便り


  「文字」がいつものことながら・・・・大柄で・力強い


  「 久しぶりに逢えてうれしかったーー」等


  特別ではない・・・普通の便りである。

  これですね。これこれ!!☆


                       「文」


  今日は体育の日


  私は「文」の日にしようー。


  昨日逢えなかった・・・・・・・・熊本の方へ


  お便りと・ケーキ届けます・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



  ケーキ   2種


         1   りんごとアーモンド

         2  栗ときな粉(チーズケーキ作る予定だったが・・クリームチーズなく栗で代用)


        小麦粉   壱岐産・・・・・・全粒粉(こんなに品質のよい小麦粉はありま=~~~~ん)


             さぁあ



                        非常に


                     <余計な事ですが>



        どなたとお茶されるのでしょうーー?


        きっと「禁煙」されたらしい  あの方


        自家製のお茶で「喫茶古」でしょうか?


                    「文」



        添えて・・・



  
[PR]
by abemm | 2009-10-12 08:22



「笑」


  「月見」をしたー。

  参加者の武ちゃんが・・・

  薬院の家に手伝いに来てくれましたが・・・・・

  なんせ・・・「笑」「笑」「笑」ばかり・・・

  準備の段階で私「疲れ果ててしまったーぁ」

  しかし・・・・


  無事準備も万端整い・・・アイランド・タワーにて


  現われたるはーー

  なんと「かわいい!」しかも「モデル並み」

  学生時代の友人の娘(22歳)

  参加してた親父代表の「武ちゃん」もとより

  34歳のプリンス

  52歳のプチカメラマン

  呑み助さん・・・(この人が特に・・・・・かも・・・・反応なさそうだったが・・危険だ!)


  と


  で


  微笑が男達に振舞われ・・・・・・・・


  さぞかし寿命が5年はのびた君達でしたーぁーぅ。


                        「笑」




   いいものですね。


  「まった~!!」


  熟女の皺交じりの「微笑み」は・・・・・今度:篤と・・・・・・振舞いますよ^^@


              ♪どんなんか・・・興味のある方は♪☆☆☆

  たぶん「ローズプリンセス・福岡」   開き   「店長の日記」をクリック


  でアクセスできるかと思います。


  覗き見してみてくだされ!


  「武ちゃん」登場いたします。
[PR]
by abemm | 2009-10-10 23:42