ブログトップ

真珠の首飾り

abemm.exblog.jp

百夜一夜物語    

<   2009年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

  ご他聞に漏れず・・やっと街にも紅葉が来たー!!
話題は紅葉づくしのようだが・・・・・
本来名所に行きたい気持ちももっぱらあるが、事情が許さなければ
いくらでも、求めれば見えることもある。
 実際、こんなところの並木があんなにーーー
きれいだーー・・・・・・・・・・いままでどうして気付かなかったのか不思議な位
病気・やら目の不自由な方々に比べれば、観れるだけでもぜいたくなのに
 その時々の感受性?感性・日ごろの考え方の違いやら・・・複数の要因があるとは思うが
うううううー。見事な近場の紅葉をたっぷり美しく感じるという事は、安・近、時間節約(楽・・・)など
利点も多そうだ。

  紅葉も良いが

 ボクシングー    グー   でした。
比較的どころか ほとんどみないスポーツの一つだが、今回はみたーーーぁーー

 やっぱーー切れのよいぱりぱり・・ぴちぴちの若もんには
内藤選手勝てなかったーー。
もっとコメントしたいが・・・・・「?」興奮しましたー。一人であっつーやめて~など声がふと出てましてーー。


                 読書やら・・・の感動も伝えたいが・・・・

 こちら、最近読み込んでないので・・・・「ない」

     、久しぶりでーー、入力作業はかどらず、時間かかる。

    では・・・では・・・・次回まで。
[PR]
by abemm | 2009-11-29 23:09
ちょいと

  一休みーー。ぺこぺこ
[PR]
by abemm | 2009-11-27 17:37
                      「根」

 根菜類が美味しい季節になった。
特に大根は絶品だ。
そろそろ、鰤がうまくなる。鰤大根ってどうだろう・・
おでんもいいが、烏賊と大根の味噌炒めなんかぴりりと鷹の爪で・・・
おろし大根と生卵胡麻たっぶりかけるのも朝によい。
大根サラダ・・辛子明太子マヨネーズあえ・にんじんとおなます・・・・

里芋いりの豚汁もいいね。

寒くなってきたので、たっぷり根菜入りのシチュウーは如何?

ここで、ゴクリと咽喉を鳴らした方は健康ですね。

さぁーてと、今日はどんなご馳走・・・誰か作ってくれたら・・・言う事ないな。
根をはり過ぎてもいけないし、少しは根が張らないとたってられないしーー。
そんなことより、動く事にしますかね。
                     「根」
                     食べてね。
[PR]
by abemm | 2009-11-20 10:00
「倭」

  佐藤 一英氏の詩集

 「大和し美し」  倭建命に関する詩
 これは棟方 志功氏の版画が挿画されている。
 戦争真っ只中の昭和18年夏に刊行されている。
 これは、禁止される、本が多い中 不思議な存在である。
 現代では使わない言葉や読めない漢字があるので、
 本来の意味は解り辛いが・・・・
 妙に染み入る。
 こんな古い本は手に入らない。
 暫く探していたのだが・・諦めていたら、
 根気強く探していてくれた。もう・・・3年程たつのだろう。
 県立図書館の蔵書なので、返却の期限が差し迫ってきた。
 どうも、看破できない。
 いったん、おさらばして、次回の楽しみとしよう。
                     「倭」
                     は
                     「大和」
                     と
                     どう、使い分けするのだろうか?
  いつものように、解らない事だらけで・・・・・・・・・・・未解決のまま・・・

          一編  「真珠」を紹介します。

  私の腕に抱かれてゐるとき たまをよ お前は海のやうだ

  私の胸に静かな波のうねりを感ずるよ

  また心にきくよ 午睡の海のかすかな寝息を



  そしてお前の明るい髪は 私の胸に碧空(あおぞら)の

  夢を巻いて流れるよ 白い渚をゆく藻のように

  私はそれで酔って了ふ そしてうつらと凝視めてゐる

  海の底の真珠が光るを  貝のやうに瞼の蔭に


           69編ある。

    「病める人は囚われ人に」   「柱」  「露」     「友どち」  「親鸞・・」

    
  音読するとどうにか・・・・訳がわからなくても・・・・良いような気になり・・・

  ナイチンゲールの「看護の本質」を読み始めるつもりであったが・・・

  今日のノルマは  こっちに決定!!

  なんせ明後日返さねばならないのだから。

                 ところで、「倭」は「大和」とたいして変わらないだろうから・・


    とにかく   やまと  を  うるわしく

                    「やまと」

                    やばいと・・・・ならぬよう・・・しないよう・・・・・できぬよう・・・
  
[PR]
by abemm | 2009-11-18 11:16

「香」

  もう金木犀の香りが路地では、色あせ、菊の香もそろそろ残すところの時間がさし迫ってきた。
今日の香はお茶で始まり、うどんのつゆの香り・立ち寄ったお寺のお堂・八百屋のおじちゃんのタバコ・
買ったばかりの酢・開栓していないが…見るだけで・・
空気も冬の香りが・・・どことなく・・
今、点てたコーヒー・
さてさて、嗅覚が鈍くなる季節になってきたから・・
せいぜい・・・くんくんとかぐ事に専念しようかー。
                      「香」
今日はどんな「香」
あと、いくつ・・・・・感じるのだろうか?ね。
                      「香」


           口もこうと読むけれど・・・・なんか関係あるかいな?
                      「香」
                      「香」かー。
[PR]
by abemm | 2009-11-16 12:09
                    「億」

  盛んに、「事業仕分け」が・・・・
 「億」単位
 庶民とはかけ離れた「単位」だ。
 だが・・これは全くの我々の「血税」であることには間違いない。
 所有権はあなたも私もなのに・・・

 全く使い道が今まで納得できる事柄に使われていたのだろうか?
 端的に「天下りの官僚」の給与の支払いの為に収めてくたのではないし、「事業所の存続」の為に
 税金を払ってきたのでもない。私は「ないです」
 現実は支払っているのだから・・・・それに見合う仕事・もしくはきちんと得た報酬を
 それなりの使い方を、せめてしていただきたいし。
 JALのOBの判断やら・・・またもやなされる地方銀行への国庫からの助成などというものは止めて欲しい・
 私の住む県内の大手の銀行は立ち直りすでに立派な建物を建て・・・そびえ立っている。
 変だ。此の変は・・・・・まだまだ続きそう。


  開いた口がふさがらない。
               「億」
 この単位を聞くたびに
               「銭」
  お賽銭をしたほうが   まだましか・・・・・・
  お賽「億」なんて造語が・・・・・・・・・・・・・・・・ばらまきは確かに「お賽億」なのかもしれない。

                   そんなことは全く恩恵の受けたと感じないので


                      「一銭」

 を大事にしていこうかね。   あーtぅ  「円・縁」でありました。
[PR]
by abemm | 2009-11-14 07:30


                  「花」
  

  なんだか、ほっとする。
 満ち足りる。時はどんな時か?
 案外・・・・お値段のはる食事ありつけた時やら・変にかしこまるような催し・社会的に「偉い」と
 認められている方に逢えた時ではない事は確かだ。

 結局は蘭の花ではなく・・・そこらへんのねこじゃらしだったり、たわわに実った柿木だったり、
 親戚のおばあさんだったりで・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そこで、リンクしている「花日記」
 ちょいと、ご覧下さい。
 此処の所、毎日開いていますが、一昨日の「出てきた」

 ほんとあれって何?花咲くのかしらん?・・・・只の・・?   ボーボーになるかいな?
 など
 なぞに満ちているし、、、、、お笑い芸並み、いや、以上に  楽しめたー。

         では、、・・・・・どうぞー  半吉さんの「花日記」へ


    そーれー・・・・クリック!!!
[PR]
by abemm | 2009-11-14 06:53


                  「松本 清張記念館」

  今日、小倉にいった。
 もちろん、松本 清張様の記念館だけを目的として行った。
 「松岡 正剛」氏の講演を傾聴する為である。
 松岡氏が今何をし、何を求めているのか少し知ることができた。
 もし、これが、カン様だったらーポーとして・・・訳がわからなかっただろう。(カン サンジュン様)
 松岡氏の声のトーンと音量・速度・ほんの少し  くっす  も誘う。
 だからか、こんな私にでも、解るような話しっぷりだった。TVでは、そう10年以上まえに
 よく、対談を田中 優子嬢としていて・・・・・「ことだま・・・」だの  なんだの 


 理解しようとして聞いていたわけではないので・・・・・・

  只・・・???  何の事?だか?わかありませーーん。だった。

  今回は、聴講生も少ない事もあったか?  こじんまりとしていたのも
  私には居心地がよかった。
  清張さんに関しては・・・・語ることが多すぎるし・・ゼロの焦点ではないが
  焦点を何処にもっていったらよいのかさえわからないから・・・割愛ってことでご勘弁のほどを。


  それにしても、小倉の町は懐かしい雰囲気であった・・・

  濠の桜の紅葉も不思議な事に夕方の方が美しく
  旦過市場もすばらしくすすけていた。
  ひょいっとー  人子一人いない韓国料理の店にふらっと入る。
  そんなに空腹ではないのに・・・・こんな異国情緒に満ちた路地では
  嗅覚が妙に働き・・・・獲物を狙いたくなる。
  大当たり!!
  話長くなりそうなので・・・・・寝るとしますーー。
  美味しかったかどうか・・・・・・大当たり!!!
  あらら
              「・・・・・・記念館」について
   何も触れていないとは・・・・・
   こんな夜話もあるってことですね。
   横道にそれすぎて  結局は食べ物で締め:::今日も平安でした。
[PR]
by abemm | 2009-11-13 00:01
  


                      「茶」

  やっぱーサブタイトルは「茶」でしょーーぅ

  八十八夜ですもの。

  熊本のP会の会員さんで、お茶を栽培されている。
  好き好んしている訳ではなさそうだが・・・
  なにやら、うわさによると、どうも板についてきたらしい。

  とてもじゃないが、医者している風貌でもないし、どちらかというと、作業着の方が
  お似合いのような気がする。
  頂いた。茶袋に携わった方々との記念写真が貼ってあるのだが、
  なんせ、大人数で、おおよそは見当がつくが、詳細がわからない。
  想像力が発揮でき、それはそれで、楽しめた。
  
  もちろん、都合がいい事に、このお茶は、手間要らずで、

  熱湯をがんがんぶっ掛けてよいとの事、
  しかも、昔の香りがします。  と  説明を受けたときには
  自然と、幼い頃、隣にあった、共同お茶工場からのなんとも言えぬあの香りがぷ~~ん
  
  そして、「得たり」
  その頃の手もみ、魅しのお茶よりも観目形がほんの少し上等だが、味はあの頃のお茶に
  似通っていた。
  そんなこんなで、今朝のお茶は玄米茶です。
  最近はコーヒーよりもお茶。
  ビールよりも日本酒
  肉よりも魚
  もちろん、花よりだんごは変わらず。
   

                       「茶」

   の供に

   あんこ入りの饅頭が最高!!
   本日ない。 
                       「茶」
   仕方がない。
                       「茶」
   しゃれた  落ちが出てこない!
   お茶を濁す前に                                またー。   

  
 

  
[PR]
by abemm | 2009-11-12 07:55

                    「顔」

  どうも今朝は、いろんな方々の顔が出てくる。例えば、メールを開く

 友達からの・・・もちろん友達の顔・・その夫・娘・息子・・・親父・・母君・・ざーーと

 関連して、ものの5秒のあいだにどーっどーーと

 「顔」が押し寄せてくる。
 こういう事に気が  虜にならせられる。

 陽水の曲を聴きながら・・・・なので  一層・・・・・
 増幅する。
 起きてから   何人の顔が出できたか?
 すでに・・・50人は下らない。
 あなたも  きっと無意識にすでに  100人超した人も居るのではないだろうか?
 私が時間に余裕があるからかもしれないが・・・
 そうではないのではないだろうか?
 通勤してる人は、人ごみにまみれ・・・すでに・・・疲れ果て始めているかもしれない・・・・

 思い出したい「顔」
 遠慮しておきたい「顔」
 嫌がおうなく  現れるので・・・・
 人間って?やっぱり特殊な生き物みたいね。
 

   どんな女の方想像しましたーーぁ?
[PR]
by abemm | 2009-11-11 08:45