ブログトップ

真珠の首飾り

abemm.exblog.jp

百夜一夜物語    

18歳未満 閲覧ご遠慮くだされ


H氏  ここ、ここー?
M嬢  いや~ん、もちょこっとーー。したーぁんん。

H氏  じゃーぁ、このへん~ん。
M嬢  そうよー。そこ、そこ~~ん。あぁーー

H氏  むむーー。なんかあたった。ほぐしていくかんじー。わかるー?
M嬢  うんmm。 

M嬢  溶けていくよ。
H氏  ・・・・  ただただ・・・・励む

H氏  じゃー、今度は火をつけるよ。熱いからねー。
M嬢  我慢します。ええぇ~m

M嬢  ちゅs^^~んときたーーぁ
H氏  チュウ~ンときたー?いいねぇー。
H氏  効いたら、チュウウウ~~んとくるんだよー、

M嬢  えぇーー5回もいいのー?そんなにーー。?
H氏  だんだんよわくなっていくだろうー?熱いのがー。
H氏  M嬢にはこっちの方が(テク)あうみたいだね。

M嬢  私もー。そう・・・お・も・うー^^@
M嬢  もっとしてもらいたいーーぃ  いいかしら?

H氏  あぁ、、、

M嬢  これで、今日はもう、おねだりしないから。

M嬢  ふーU  ふぁんふぁん。

M嬢  今度は いつ?
H氏  M嬢のあいてる時さー。

M嬢  ・・・・・・

        一部脚色されておりますが、本日15時から約1時間の事情・事(経験したい方・問い合わせはメ        ールで)
        この内容を知りたいか方のために
        ヒント         教祖様と萬里
[PR]
# by abemm | 2009-06-03 17:48
松永安左ヱ門翁   続々編

遺言状

「一つ、死後の計らいの事

何事も申し置く通り、死後一切の葬儀・法要はうずくの出るほど嫌いに是あり。
墓碑一切、法要一切が不要。線香類も嫌い。 
 死んで勲章位階(もとより誰もくれまいが友人の政治家が勘違いで尽力する不心得、
かたく禁物)これはヘドが出る程嫌いに候。
 財産はセガレおよび遺族に一切くれてはいかぬ。彼らがダラクするだけです。
(衣類などカタミは親族と懇意の人に分けるべし、スッテキ類もしかり)
小田原邸宅、家、美術品,及び必須什器は一切記念館に寄付する。
これは何度も言った。
 つまらぬものは僕と懇意の者や小田原従業者らに分かち与うべし。
 借金はないはずだ。戒名も要らぬ。
 以上、昭和36年 12月8日

    横山 通夫 様

    松永 安太郎  様

    田中 精一 様

    井上 五郎 様

    木川田 一隆 様
 この大締めは、池田勇人氏に御願いする。  以上」



 この文だけで、翁の人生が知れる。
付け加えておきたいのは、友人が壱岐には 「熊本 利平さん」も居る。と・・・この翁も今後登場していただく事になります。お待ち下さいね。
  あららー・・もう、こんな時間・・・どれどれ、よっこいしょっとーー。
そうです。私写真あまりとらなおものだから、、のっぺーとした校正なのですね。

なんか、提案どなたかしていただけますー?
[PR]
# by abemm | 2009-06-02 07:41
松永 安左ヱ門翁  続編

私があれこれ言うよりも・・壱岐にある記念館の年譜をそのまんま写し連ねる事にする。

明治 8年  12月1日   長崎県壱岐郡石田村印通寺に生まれる。 幼名 亀之助

明治22年  14歳      慶応義塾に入学

明治26年  18歳     父の死により慶応を退学、家業を継ぎ三代目安左ヱ門を襲名

明治28年  20歳     家業を弟・英太郎にゆだね上京、慶応義塾に復学する・

明治31年  23歳     慶応をあと1年で退学、福沢諭吉の記念帳に「わが人生は闘争なり」と」書く

明治32年  24歳     日本銀行に就職する。

明治33年  25歳     日銀を退社。福沢桃介の丸三商店神戸支店長となる。

明治34年  26歳     神戸で福松商会を創設する。

明治37年  29歳     竹岡カズ(大分県中津市)と結婚、石炭販売で活躍

明治42年  34歳     福博電気軌道株式会社を設立する。

明治43年  35歳     九州電力株式会社設立発起人総代として広滝水力電気と
                 合併、九州電気の取締役となる。
                 福岡に電車を走らせる。

明治45年  37歳     博多電灯(福博電軌と合併)は九州電気を合併、
               

大正元年           九州電灯鉄道常務取締役となる。
      
大正 2年  38歳     九州地方のガス会社10社を合同させて西部合同ガスを創立

大正 4年  40歳     九州電気協会設立、会長となる。 
 
大正 5年  41歳     九州耐火煉瓦創立。
    
大正 6年  42歳     博多商工会議所会頭に推される。
                 福岡県選出代議士に当選。

大正 9年  45歳     雑誌の読者投票で日本三大美男に選ばれる。    

大正11年  47歳     九州電灯鉄道と関西電機と合併し東邦電力を設立する。

大正13年  49歳     (社)日本電気協会会長に選任される。

昭和 7年  57歳     翁の支配資本は14億円に及び名実ともに日本の「電力王」と呼ばれるようにな                  る。

昭和 9年  59歳     耳庵と号し茶道に親しむ。

昭和14年  64歳     電力国家管理に大反対するも国家総動員法による「電力国家管理」となり
                 日本発送電会社が設立した。

昭和15年  65歳     大政翼賛会総裁や大蔵大臣などに推されるが公職を一切断る。

昭和16年  66歳     大東亜戦争に入る。柳ヶ瀬山荘に閑居する。

昭和24年  74歳     電気事業再編成審議会会長に選ばれる。

昭和25年  75歳     公益事業委員長代理に就任。
                 国家管理によって失敗した日本電気事業の実権を握る。

昭和26年  76歳     電力事業再編成(民営化)を強行し「電気の鬼」を称される。 

昭和28年  78歳     電力中央研究所理事長就任。

昭和30年  80歳     石油時代到来、原子力は20年先と予言する。

昭和31年  81歳     産業計画会議を作り次々に提案勧告をだす。

昭和39年  89歳     勲一等瑞宝章を贈られる。

昭和43年  93歳     慶応義塾創立100年記念式典にて「名誉博士号」を受ける。

昭和46年  96歳     6月16日死去

以上   後は皆様がこの翁に関心を持っていただけるか、楽しみにしている。


あぁーーやっとできたー。本日閉店。


   
[PR]
# by abemm | 2009-06-01 23:31
拳の女(私だけの銘々)

これは甲斐 大策氏作  版木

この版木に出会ったのは、5月上旬
甲斐氏の作品展で出逢った。
子供を抱き、拳を強調し、前面に突き出していた。もちろん 表情は堅く、苦渋に満ちていた。

これだ、これだやっぱりこれだ!!

今の私の心情に近い(こんなにも強くはないが・・)今、この拳が私には必要だと感じた。

いつもいつも、維持できず、ないがしろにし、どこかに流してしまう感情。悲しみ・辛さ、怒り、

忸怩たる想いが募っていた。この拳を私も、懐にしまって、懐で温めて、持ち続けたいと・・・

私の元にいつ、彼女はやってくるのだろうか?甲斐氏と額縁求めに行く約束をした。ふさわしい額で

遺憾なく拳を、披露して頂きたい。弱弱しい人達にその拳の意味を教えて欲しい。

彼女には一番ふさわしい場所を準備しつつある。お待ちしています。「よーこそー。」

と早く言いたくなっている。
[PR]
# by abemm | 2009-06-01 20:30
ぺシャワール会の事・中村先生の事

このブログを見て下さる方の何人がペシャワール会の事ご存知だろうか?私、面倒くさがり屋なので、詳細省き、本題へー。昨日会報の号外を手に入れた。日付けが、5月27日出来立てほやほやだ。この会に実質かかわっている、もちろん支えてくだっさている会員の方々に一番みていただきたい表紙になっている。

この満々たる緑の輝きを私達は、目の前にする事は出来ないが、この緑の神々しさと(普通山はこんな表現をするけれどー)麗しさはきっと、会員の方々に伝わる事だろうと思う。中村先生の文面にも記載されているが、誰一人として欠けては全うする事が出来なかった。同感::。
この会が存続して早というのか、25年。ずーーとかかわってきた人々・去っていった人々、皆さんが大事に育ててきたからこそ、感じる事の出来る、想いのこもった一枚の写真(表紙)なんだね。
そして、なんと、中村先生のたもう:これって出産したばかりってー。そう言われればそうなのだけれど、いやはや・・・後々・・案ずるより、産むがが易し。先生の事業は、先生にくたばってしまわれると、だーれも後は継げない。
皆、百も承知。

だけど、産んで、育てて、自立していく様を私は今後も見守っていきたい。

今、5組号外が手元にある。誰かに伝えたい、渡したいと思うが、どうもこのまま渡せず仕舞いになりそうだ。どうして、そんな気分になるのかわからないけれどー。いつもの事ながら、伝えたい事が沢山々ある。がーー、、誰か口述筆記してくれないかしら・・パソコン打つの苦手・グスン・モヤモヤしながらEND
 
次回は会報100号発送です!!☆


遅ればせながら・・私P会の事務局に出入りするようになって8月1日で23か24年目なのです。しかも長期ワーカー派遣第一号・・・妹分・年の離れた弟分の事を案じてきたのは言うまでもありませんし、この頃;繋いで来てくれた  事の始まりがたまたまにしては私であることの意味を自覚?しつつある。これで本当に今日はEND
[PR]
# by abemm | 2009-05-29 03:34